Be yourself. Be different.

英語プレゼンコーチ竹田綾夏が英語学習、プレゼンについて書いています。時々ダイバーシティーも。

モヒカン頭の先生に生け花を学ぶ

10数年ぶりにいけばなのレッスンに行く、という新年の公約を一つ果たしました。

英語学習やスピーチと何も関係なさそうですが、右脳を刺激すると色々とアイディアが浮かぶようです。

表現力や感受性を鍛える訓練になるかも。

 

こちらは先生の手直しを頂いた写真です。

チューリップを生けるのが難しく、手直し前の写真はとても出せません。

さすがにブランク長し、道遠し。

 

小原流のW先生、初めてお会いしましたが、

出で立ちがかなり個性的。

f:id:takedaayaka:20180126222422p:plain

モヒカン頭をさらに剃って、頭頂部だけ残した髪を伸ばしたお団子。

爪にはハンバーガーのネイルシール

 

軽い衝撃。

アートを体現されている。

 

かつての私の草月流の師匠はご高齢の偉い先生(女性)でした。

隔世の感があります。

 

W先生、ozmallさんなどで講演もされていて、腕は確かです。

立ち位置としては床の間の正面から見る伝統的な生花よりも、フラワーアレンジメントに近いのでしょうか。

流派を越えてご活動されているようです。

 

最近草月流の成田空港での展示を拝見しましたが、モダンなアレンジでした。

師匠もかなり現代的な試みをされていたので、時代に合わせて生け花も進化していくのでしょう。

 

次は春頃に行ってみたいと思います。