Be Yourself. Be different.

英語プレゼンコーチ竹田綾夏が英語学習、プレゼンについて書いています。時々ダイバーシティーについて。

英語講師がド金髪で英語劇に挑む

 

今回は英語を学び直す英語講師が、英語劇にチャレンジ。

人生初のド金髪で挑みます。

あまりオチはありません。 

f:id:takedaayaka:20171122003332j:plain

**********************************************

【ちょっとだけ告知】

12月2日(土)13時30分〜新宿にて開催

好評の英語レシテーションワークショップ第二弾。

自然に体で英語が身につくメソッドです。

初心者、人前で緊張する方、大歓迎。

少人数で安心して学べます。

bizima.jp

**********************************************

なぜ英語劇をすることになったのか

英語学び直しでお世話になっている英語学校FORWARD

先生方、生徒の皆様には本当に感謝しております。

英語劇やプレゼンテーション、スピーチ、レシテーション(朗唱)などを通じて英語だけでなく、自己表現を学ぶ場です。

私はスピーチや自己表現の幅を広げるために、ドラマクラスと呼ばれる授業で1年間学びました。

 

英語劇は、小学校6年生の時にセリフが一言あった覚えがあるだけ。

演劇に縁もゆかりもなかった私。

ドラマクラスでの練習は、

「まあ、英語学習の一環ということで」

というあいまいな理由で続けてきました。

英語学習に役立つのはもちろん、特に自己表現、自己理解の部分で得るものが大きかったです。

詳しくは本文で後ほど。

フェスティバル(発表会)が11月23日(木・祝)と26日(日)青山の東京ウィメンズプラザで行われます。

演目・あらすじ・役は?

英語劇の演目は『12人の優しい日本人』 。

三谷幸喜さん脚本、名作映画『十二人の怒れる男』のオマージュで、もし日本に陪審制があったら、という設定での法廷劇です。

英語劇ということや人数を考慮して、若干手を加えたあらすじはこちら。

ある陪審審理のために、素性も考えも裁判への意気込みも全く異なる、12人の一般市民(日本人)が陪審員として招集された。

評決は全員一致が原則である中、最初の決で9人全員が『無罪』に挙手。呆気なく審議終了・解散となりかけたところ、陪審員2号が「話し合いがしたい」と言って意見を『有罪』へと翻す。いざ話し合いが始まってみると、意見があやふやな人・参加意欲の乏しい人・付和雷同な人・意固地な人が次々と発言し、有罪無罪の決をとっても話し合いはまとまらず…

元夫をトラックに突き飛ばして殺したとされる事件、被告人の女性は有罪か無罪か?

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

 

私は陪審員2号をたしなめる謎の女、陪審員11号の役をいただきました。

映画版では、若き日の豊川悦司さんがチンピラ風の格好をしています。

チンピラに対抗して、私はド金髪のホステス風に決定。

 

実は役のオーディションをする時に、一番気になったのがこの陪審員2号。

妻に去られた男性の役ということで、あっさり先輩のTさん(男性)に決定。

私はせりふが長く、また男性でも女性でも演じられる陪審員11号に。

演劇はど素人なので、

「とりあえず頑張ってせりふ覚えて頑張ろう。後はなるようになる」 

 という、良く言えば楽観的、悪く言えばいい加減な心持ちでした。

 

英語劇ができるまで

 英語劇は自分たちで演目を決め、脚本を作り、演出をし、本番に臨みます。

リーダー、サブリーダーが中心となり、スケジュールや毎週のミーティングのマネジメントを行うスタイルです。

アドバイザーはいますが、(少なくとも私の所属する)ドラマクラスはよい意味で放任状態。

自主性やリーダーシップの方が重んじられました。

また、だれも指示しないので、自分で勝手にセリフの作り込み、役作り、衣装決め、化粧をする必要があります。

 

ホステス(風)に見せるためにはどうしたらよいか?

演技に正直期待はできないので、まずは衣装、メイクから。

ウィッグはドン・キホーテで試着をして購入。

しかし、実際に着けたみたところホステスというよりお化けに近くなって愕然。

結局クラスメイトのド金髪ウィッグをお借りしました

余談ですが、やたら変装グッズを自前で持っているクラスメイトが多くて驚きました。

なんとチョコレート(M&M’s)の女性用セクシー衣装を3色持っているクラスメイトも(男性)。

何に使うんだろう...

item.rakuten.co.jp

メイクは宝塚の元男役の方のYoutubeメイク動画を参考にしました。

目が小さいのが悩みでしたが、さすがは舞台メイク。

つけまつげやアイラインで大分印象が変わります。

自分の顔で遊ぶことを覚えました。

ド金髪でこうなった

※フェスティバルが終わったので、陪審員11号はお家に帰りました。

 

ちなみに、お客様で銀座のママを30年務めた方がいらっしゃいますが、素敵な女性です。

生き方を参考にさせていただきました。

※あくまで舞台のための独自解釈、笑いを取るためのステレオタイプですので悪しからず。

 

自分の中にも陪審員2号がいた 

あっという間に本番間近。

しかし、

 

陪審員11号は自分を見失った陪審員2号をたしなめ、救う役なのに、何も見えてこない。

 

陪審員11号って、結局何なの?

なぜ赤の他人を救おうとするの?

 

陪審員2号の気持ちなら何となくわかる。

不器用で、妻に出て行かれ、心を頑なにした2号(←陪審員は氏名非公開で名前がない設定。以下2号)。

被告人の女性と妻を同一視し、誰の言うことも耳に入らない。

何が何でも被告は有罪だと言い張る。

 

………ん?

 

自分の中にもいるぞ、2号。

 

何でわざわざ英語劇をやろうと思ったか。

ド金髪に自らなると決めたのか。

 

救いを求めていたのは、実は2号じゃなくて、自分。

 

この数年で、起きてほしくないと願っていたことが家族や自分に立て続けに起こり、目の前が真っ暗な時期がありました。

家族という言葉を聞くことすらも嫌、外に出たくない、希望なんてない、と思うこともありました。

 

もう終わった、もういいんだ、と言い聞かせたつもりが、

 

「こんなことをしていていいのか…」

 

練習をしていても、そんな虚無感が影のようにつきまとっていた気がします。

 

とりあえずせりふを覚えればいい。

自己表現なんて、正直しんどい

たとえ役であっても、それで傷ついた人を救えるのか。

 

傷ついても、つらくても、人はやり直せる。

このストーリーは込み入っていてわかりづらいけど、そんなメッセージが伝わればいいのかもしれない。

 

実はホステスではなく、シングルマザーの11号。

ひどい元夫に出会い、離婚して娘を抱えてもたくましく生きる女、自分でそんな設定にしました。

 

自分の中にいる2号を受け入れることで、やっと11号の役が見えてきました。

頑なになっていたのは自分で、立ち直ることを拒んでいたのかもしれない。

 

大根役者でも、前に進める

最初はなかなか馴染めなかった学校やクラスメイト。

自分から近づく努力が足りず、役作りが遅れて今こんなことを書いています。

莫大な時間を費やしたリーダーたちや監督には尊敬の念しかありません。

 

英語学習も自己表現も、一日にして成らず。

 

自分を押し込めている感情を見出さなければ、先には進めない。

 

"The defendant is not your wife."

被告人はあなたの妻じゃない

 

目の前の人と誰かを同一視していないか。

自分で立ち直ることを拒んではいないか。

そんな11号の叫びが聞こえます。

 

恐るべし、英語劇。

 

追記 無事にフェスティバルでの英語劇終了しました。

お陰様で何とかやりきることができました。

英語で大勢の方の前に出て話す、これ以上の学習法はないと思います。

また、Forward英語学校の公式フェイスブックでも当記事をご紹介いただきました。有難うございます。

  

【告知】

12月2日(土)13時30分〜新宿にて開催

好評の英語レシテーションワークショップ第二弾。

自然に体で英語が身につくメソッドです。

初心者、人前で緊張する方、大歓迎。

少人数で安心して学べます。